エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

家族経営からの脱皮はなかなか難しい、そして事業承継も!

投稿日:

何度も同じことを書いてきましたが、ここにきて税理士資格を諦めた子弟の問題です。

資格がなくても、実務で強力な個性を発揮し、先生を凌駕する猛者も見受けられます。

その一方で、30代前半で資格取得を断念した子弟が、事務所を”手伝う”ケースも。

他の職員と同様の立場で、同様の仕事をこなせるなら問題なし。

しかし、試験に挑戦し続けた疲れからか、一般の職員よりも戦力として劣ることも多い。

なかには、脱力感からか精神的に疲れ切り、人に会うのも嫌がる子弟もまま見受けられる。

事業承継の話がスタートするときには、正確に指定の状況が知らされないこともある。

職員の雇用を維持することから、職員の略歴、能力(仕事力)をチェックをすることになる。

その際に、子弟のことももちろん俎上に上る。

一般の職員以上に、事務所の業務に精通している子弟は、当然問題なし。

承継する際には、将来的に十分戦力として、また顧客対策にも十分叶ってくる。

息子さんが先生の後を受けて、事務所のまとめ役になっているケースもあり、これは万全。

しかし、先生が言われる以上に、他の職員からも疎まれるような子弟も時には出てくる。

古いになるが、事業承継支援をスタートした1年目の事例。

税理士試験への挑戦を断念した子弟を、職員として採用している事務所の承継依頼案件。

某先生から「パソコンはすべて息子が担当していますから、十分仕事になっています」

こうお聞きしたのだが、他の職員から、「彼は何もしていません。事務所にもあまり出てきません」

こんな情報が出て来て、早速先生に確認。「いや、すべて息子が管理をしているんです」

どうも話が違う。そのうちに息子さんの悪材料が次々に出て来たので、承継者も引き気味に。

この承継予定者は近隣の情報までもチェックしたことで、その悪材料を把握できた。

先生の話だけを信じていたら、引継ぎにも相当苦労しただろうことは、疑いない。

そうこうしているうちに、譲り渡す側の先生から「女房が反対しているから、今回は辞めます」

この時点で、交渉はストップ。家族が反対する場合には、承継もスムーズにはいかない。

しかも、家族だけで経営している場合には、他の職員からの情報もない。

それゆえ、仲介者としては、詳細な情報収集に全力を投じなければならないことになる。

事業承継が成功するか否かは、正確な情報を把握し、的確な評価をすることに限る。

あとは、相性だけ。両者がうまくかみ合えば、話はとんとんと弾む。

契約の際に奥さんが同席するようであれば、なお安定と言ったところだろう。

まさに家族経営の”金庫番”が、契約書を的確にチェックをしてるのだから。

事業承継支援室長
大滝二三男

セミナーのお知らせ
11月26日・東京 27日・大阪 12月2日・大宮 9日・福岡 受講料は無料です。
受講希望者は、0120800058 までお申し込みください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.