エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

もう三度目、いい加減に勤務する事務所名が替りたくない!?

投稿日:

個人事務所しか認められなかった時代は、先生が亡くなれば、事務所名は変わる。

勤務する税理士が事務所を引き継いでも、事務所名は変えざるを得なかった。

そこに勤務する職員も、名刺がその度に替った。

学生時代の同級生などにあって、たまたま勤務先を聞かれたときに、「あれ事務所代わったの?」

そんなことを質問もしばしば。「いや、先生が亡くなってね。」

いちいち、説明するのも面倒くさい、ということもあった。

しかし、今は税理士法人制度ができたから法人に勤める限り、そんな面倒なことはない。

お客さんにも、先生が代わって、「これからは〇〇事務所になります」なんて言う必要もなくなる。

ところが、現状では、まだまだ個人事務所が圧倒的に多い。

先日お会いした先生も「私で3代目で、私もそろそろ辞めた」と言う。

実際には、この事務所30年しか経っていない。中には創業時からいる職員も。

その職員が今回も新しい承継者の事務所に移れば、実に4つ目の事務所。

個人では一度も転職していないのに、4回も転職したように見えてくる。

まだ50代の職員も「もういい加減にしてほしい。法人にお願いします。」

親子で組織する税理士法人でなく、一定規模以上の法人であれば、簡単には組織変更はない。

職員も個人経営者の顔色をうかがいながらの業務も、避けられるようにもなる。

そして、厚生年金などの社会保険も整備されているから、これまた安心。

最近は退職金制度のない税理士法人が主流だが、自らが対応すればいい話。

自分年金の時代でもあるので、顧問先にも同じようなコンサルもできようというもの。

そう、”親方”に万が一のことがあれば、何度でも事務所名が替ってします。

もうそんな時代ではないような気もしますが、いかがなものでしょうね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.