エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

どういうわけか、最近は若い税理士からの相談が増えています!

投稿日:

若い税理士と言っても、30代40代ではありません。

そういえば、昨年は30代半ばの税理士が、相談に来ました。

年商350万円、月額1万円以下の顧問先ばかりで、すべて記帳代行込。

自分一人ですべての業務をこなさなければならないので、もうギブアップ。

自分と顧問先を一緒に雇ってくれるところはないだろうか、というものでした。

どうして安い顧問先ばかりばかりになったのかと聞けば、すべて斡旋業者からのもの。

自分で獲得した顧問先はごくわずか。独立したものの、もう首が回らいというわけだった。

相談者からは、たとえ就職先を世話しても、いずれは独立するという気が見えていた。

こうなると責任を持って、紹介するわけにもいかない。

いずれ、勤務先の顧問先とともに独立し、照会先には迷惑な話。

結果は、勤務先・承継先を紹介することなく、話はなくなった。

これとは全く異なり、もう経営に疲れた。

税理士の仕事は続けたいが、所長として職員の面倒を見ていくのは勘弁してほしいという。

年齢から見れば、サラリーマンでも定年まで10年もあるといった税理士からの相談。

自ら望んで事務所の所長になったのではなく、たまたま二世だったり、勤務先の先生が亡くなったり。

事情は複雑だが、もちろん中には病気が一因という先生も当然いる。

そんな病気を除外しても、増えているのです、”経営恐怖症”というか、解放されたいという人が。

そうですよね。サラリーマンでもドロップアウトする人が多いのですから。

士業でも当然、そういった考えを持つ人が出てきても不思議はないですよね。

ともかく、顧問先が減ることがあっても、増えることが少ない時代。

年々事務所の”年齢”が増えるにつき、職員の給与も上げざるを得ない。

収入は増えずにコストだけが大きくなる。やってられませんね。

一人でやれる事務所がいいと言っても、そうなると先は見えていますから、大志は抱けません。

若者にとって、夢を見たいのだが、夢のない職業になりつつあるのかも。

そう成功する人は、2割の人から出ますから、圧倒的に現状維持、ないし後退なんでしょうね。

暑い盛りでついつい夢のない話を書いてしましました。お許しください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.