エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

遅くなりましたが、今日のブログです。契約破棄の事例です。

投稿日:

事業承継の契約後、契約者双方の行き違いで、事業承継できなくなるケースがあります。

たとえば、譲り渡した先生が、譲り受けた側の担当者が気に食わないといったことがあります。

全く子供じみた話ですが、実際に会った話です。

譲り受けた側の法人が、たまたま税理士資格のある登録前の職員を派遣しました。

渡した側の先生は、税理士が担当者としてくると考えていましたから、期待は裏切られました。

税理士が来ると思っていたのに、無資格の担当者がきたので、”侮辱”をされたと思ってしまった。

事前の双方の話し合いが十分でなかったため、そんな行き違いが生じたわけです。

税理士として登録されていなければ、無資格者が来たと思うのも当然でしょう。

ところが、そんなことを確認することなく、契約の仲介をした弊社に怒りの連絡。

「税理士でもないものが、事務所の担当者というのはどういうわけだ。」

「そんな担当者を繰り込む法人とは、一緒に仕事はできないので、契約は破棄する」という。

事情も一切聞くことなく、一方的な話で、契約を破棄するということになりました。

契約者の一方の法人サイドでは、「そんなことで、契約を破棄したいというのであれば、いいですよ」

実に簡単に、契約の破棄が決まりました。

仲介をした弊社としては、両者との契約上は手数料は返還しないことになっています。

しかし、譲り渡す側の先生の性格を知っていましたので、早急に返還措置を取りました。

担当者には成績がゼロになりますから、言い含めて、丁寧に対応するように指導。

人間不信の先生、自分しか信じられない先生の独り舞台でしたが、資格にはj強烈な思いが。

確か本日も、税理士試験中、資格だけが”命”にはなって欲しくないですね、人間として。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.