エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

日本のサッカー、本当に世界レベルなの?経済は?その周辺は?

投稿日:

ブラジルワールドカップの予選で、一分二敗の日本、世界の16強には届かず、帰国。

多分帰国する空港には、「ごくろうさん!」と、多くのサッカーファンが集まるのだろう。

他国のように、選手に大声で「バカ野郎!」と叫び、物を投げつけることはしないのが日本人。

暖かく、見守るだけ。

心のうちでは、予選リーグは必ずクリアするとの期待を見事に裏切らたことも、じっと我慢。

そんな日本人だから、悔しいながらも、暴れることなく、粛々とゴミを片づける。これも日本流。

感情のおもむくままに、他人のことなどお構えなく、大声で叫ぶことができないのが、日本人。

横並びの考えで、他人より秀でることはよくないと考える傾向が、ますます強くなっているのか。

確かに日本人のサッカー選手の力は、本当にすごいと思われるシーンに出会うことも増えた。

しかし、団体競技にもかかわらず、エースと思われる選手を批判できないのも、日本のマスコミ

批判したら、話してもらえない。ご機嫌伺いのような記事しか書けないスポーツ担当者。

今回もどう見ても反応の鈍いエース、初戦でも彼のトラップミスから得点されていたのだが。

どこのマスコミもそのことに触れた記者はいない。ただ負けたことだけを”報告”するのみ。

そんなことはテレビを見ていればわかるので、違った側面から記事を読んでみたい。

いかにしたら、日本がワールドカップで、決勝まで進められるのか、そこを書ける記者は皆無か。

お祭り騒ぎの煽り手の一員として、地球の裏側に派遣されているだけで、大満足かもしれない。

スポーツだけでなく、政治でも同じような傾向が、そう当然そうなりますね。

過去に戦争を煽った新聞社が、この先同じようなことをするような気もする。

時の政府におもねる様子がよく見えてくる。

「ペンは剣より強し」、今や死語かもしれない。

そう思わせるのが、日本のマスコミの今。

広告をもらえないと困ると言って、企業批判できないマスコミ。

話はとんだ方向に来てしましましたが、事業承継は、事業の歴史・風土を引き継ぐこと。

悪い話にはきっちりとノーを言わなくてはならない。

まあ、守秘義務の中で仕事をしているので、取材先におもねる必要がないのも、ありがたい。

特に税理士さんは顧問先の情報も持っているので、この点でも秘密を守るのは大前提。

このブログでも、どうでしょう。事業承継の対象者を特定できますか?

答えはもちろんノーでしょう。書けないのではなく、書かないのです。

そう、スポーツマスコミは書かないのでは、書けないのでしょうね。残念!!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.