エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

パソコンに残る名前、住所、それがメールで飛んでいく?

投稿日:

事業承継の仕事をしていると、この秘密情報が突然関係のない人のところは行くこと。

正確に言うと、契約書案などを作成し、検証してもらうためにメールを送る。

その際に、以前作成した契約書の名前等が残り、その事実が明らかになった場合、どうします。

作成者は、確実に当事者だけの名前しか書かないつもりでも、実は過去の案件が残っていた。

こういったケースでは、その名前が知っても、それ以上を追求する姿勢には出ない。

本当にありがたいことだが、時たま契約書案などを検討する際に、以前の案件が残っている。

多くの案件を処理しているだけに、その処理を間違うと、そこら中に引き渡した人の名前が出てします。

幸いのも、これまでにこのようなケースはもちろんないが、交渉中に「私の名前が違います」

こんな例が出てくることがある。とんでもないことだが、万が一にも出てくるのです。

これを避けるためには、各担当者に注意を十分するように支持するしか、その手立てはない。

消したつもりのパソコンの文章、それが残っていたために案件がつぶれたことはないのだが。

しかし、念には念を入れてチェックをする必要がある。

ある税理士法人では、このようなミスを防ぐためにメールでの重要書類の伝達はご法度。

そう言われれば、確かにその通り。とんでもない秘密が赤の他人に届いてします。

事業承継などはまさにその通り。引き受け手は何回でも引き受けられるが、引き渡しは一生に一度。

それが、メールで誰かも知らない人に知られるようになっては、まさにとんでもない!

そんな事実を一生懸命チェックする、これまた悪いマニアがいるというからとんでもない。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.