エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

昨日の続きですが、引き継ぐためには創業者が病気で???

投稿日:

税理士事務所の創業者が、第二世代に事務所を引き継ぐ条件は、なんでしょう。

税理士事務所の経営に一生を捧げようとする先生には、引継ぎなどは考えもしません。

自分一代で終わりと考えて、後継者育成にも力を入れることもありません。

でも、この時代になると、そうもいきません。

次世代の若者たちが、自由に起業(事務所開業)ができる時代ではなくなっています。

俺一代と良いと考える中には、若者がいつでも自分を追い越せる環境があることが条件。

果たして今はどうでしょう。

税理士資格があれば食える時代でしょうか?

自分一代で終わって良い時代でしょうか?

もちろん、勝手にやってくれ、俺はその使命は終わったというのであれば、それでいいでしょう。

数年前、ある税理士さんが言いました。「俺は職員に十分尽くした。俺は辞めるが、後は知らない。」

もっときつい表現です。「あいつらがのたれ死のうが俺には関係ない。それだけの報酬はやった」

こんなことがいえる税理士は、どれだけいるでしょうか。

そう発言された先生の瞳は輝いていました。

それまでに十分やるべきことはやってきたという自信です。

「お客さんにも誠心誠意対応してきたから、何も言われる筋はない」と、はっきりしています。

こんな先生に事業承継は?

なんて質問はできません。

答えは「俺は知らないよ。後継者なんていらないよ。」

そんな強気な発言をする先生の後を継ぐには、先生が思いもしない病気になるしかないでしょう。

とんだ結論ですが、実際には緊急に相談に駆け込む人の多くが、実は不治の病が原因です。

いつまでも元気に仕事を続けたい、それが本音でしょう。でも、できないことも…

人生100年の時代になりつつあるようですから、税理士事務所もひょっとしたら……

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.