エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

カレンダー通りで、仕事。今月は三月決算法人の申告!?

投稿日:

大型連休の時期ですが、税理士事務所にとっては、黄金週間は実に多忙。

7年前に事業承継のお手伝いをした事務所では、決算は毎月平均していました。

先生に、「お客さんの決算が見事に分けられていますね。先生の指導ですか?」と質問。

答えは、「そう、うまく毎月決算が組めているよね」、実の上手い経営だなと感心。

そんな事務所の事業承継でしたので、受け手にもその状況を説明。

受け手の先生も「それは有難いね。うちは三月決算が集中しているので、大歓迎!!」

話はとんとん拍子で進み、スタートから契約までひと月で契完了。

売り上げ規模も6000万円なので、引き継ぎ業務は大変だろうと、見守っていると。

実はすべての顧問先が、なんと年1決算。

毎月の決算スケジュールは、まさに年一回の経営者と税理士の税務申告の打ち合わせ。

記帳代行もなしで、もちろん帳簿もなし。顧問先が年一回持ってくる領収書などから決算を組む始末。

そこで疑問が解けたのは、実は職員が二人。顧問先の数に比べると、職員の数が少ない。

その人数で6000万円の売り上げを考えると、確かに効率が良すぎる勘定。

実は、この事案、弊社が事業承継支援を立ち上げて、2社目。

税理士事務所の経営に直接関与することがなかっただけに、初めて知る事業形態。

これにはびっくり。幸い引き受け手の税理士法人が”大人”の対応をし、無事軟着陸。

現在は、当時から数えて数年前までの顧問先の帳簿書類もきちんと整え、毎月巡回を実施。

ほとんどの税理士事務所に、年一決算のお客さんはいるが、すべてがそうだったのはこの一件のみ。

それにしても、税理士事務所というのは、本当にさまざまです。

黄金週間中ですが、税理士事務所の職員の方々は、気分は相当重いのではないでしょうかね。

頑張ってくださいね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.