エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ちょっとした配慮が足りずに、契約がストップ!!

投稿日:

税理士事務所の事業承継の譲り手は、最初で最後の”舞台”。

”主役”を演じるのは、この”舞台”を逃すと、もう二度と訪れない。

その一方で、引き受け手は何度でも、この”舞台”で見栄を張ることができる。

両者の間には、意識として相当大きく、そして険しい壁が立ちはだかっている。

譲り手の意識は、サラリーマンの定年には及びもつかない、葛藤がある。

自らの権力を他人に譲ることに、他人には言えない心の叫びがある。

誰もその叫びを受け止め、心の安らぎを与えることはできない。

自らが決定し、その叫びに自らの心の内で、回答をするしか、解決策はない。

そんな葛藤をしている譲り手に対して、引き受ける側が心無い一言を言ったらどうでしょう。

その内容は様々です。

たとえば、引き継ぎ交渉に入った段階で、引き受け側の担当者が無資格者だったらどうでしょう。

自らが数十年担当してきたお客様に、新しい組織に入ったことを告げる、その担当者が税理士でない。

明日から顧問先回りをしようという時に、担当者が無資格者とは、譲り手は大憤慨します。

「私と一緒に挨拶回りをする人が、税理士ではないのですか?とんでもない!」

組織として動いていた引き受け手としては、実の配慮の足りないことでした。

このケースでは、結果として契約は解除されてしまいました。

これ以外でも、引き受け手の一言が、譲り手の気持ちを害するようなことがありました。

一生に一度の事業承継ですから、譲り手は非常にナイーブになっています。

人生経験が本当に豊かな税理士さんでも、気持ちは幼子と同じような気持ちになっています。

本当に大丈夫だろうか?と、話が進行中も絶えず考えています。

それを安心させるのは、引き受け手の広い心しかありません。

もちろん、経営を考えるときに採算を度外視することはできませんが、譲り手の心を大事に!!

その一言が、契約を害すること、十分配慮が必要です。

事業承継支援室長
大滝二三男

月27,28日、東京と名古屋で、セミナーを開催します。詳細は、新着情報をクリックしてください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.