エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継された税理士事務所の顧客が”乗っ取り”と叫んだ!!

投稿日:

人の口に扉は付けられないといいますが、今回の話はいい例です。

事業承継した事務所の顧客に挨拶に伺った時の話です。

かなりの規模でチェーン店を経営する社長の口から出たその言葉、”乗っ取り”。

彼が主宰する企業は、M&Aが盛んにに行われている業種だけに、そんな言葉もあり。

しかし、やむを得ず事業承継をさせられた税理士法人にとっては、??マーク。

なぜにそんな言葉を浴びせられなければならないのか、法人の代表者も唖然。

自らの税理士法人の経営に全力集中なのに、突如として事業承継の依頼が飛び込んだ。

依頼というより、言葉は悪いが”押し売り”。

それも、昔から同業者として切磋琢磨していた税理士の家族からの依頼。

事務所の職員のことも考えると、断ることもできず、職員をやりくりして体制を整えた。

そのうえで、重要な顧問先には、一番に挨拶に赴いたわけだ。

事業承継をするにはそれなりの理由があるが、今回は先生の病気。

所長の長い不在に顧問先も気が気でない。

「先生にはいつ会えるんだ」と再三再四の電話が事務所にかかってきた。

この間に所長のご家族が走り回った結果、今回の税理士法人に行きついた。

実は病気入院中の所長は、早くから税理士法人の代表にお願いしろと言っていたという。

しかし、相手を知らない家族は、支部に相談したり、同じシステムを使っている人に相談。

結果はすべてアウトだったことで、税理士法人に行きついた。

非常に短い時間で事業承継契約が締結されたが、これも数十年の交友関係があったから。

契約締結後、「早く、お願いに来ればよかったんですが……」

それにしても、契約成立の数日後に挨拶に行った際の”乗っ取り”の声には、空いた口が……

これが税理士法人の代表者の感想、「うちが欲しいといったわけではないが、助けないとね」

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.