エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の顧問先に先生の病状を話すべきか?

投稿日:

顧問先に余計な心配を掛けたくない。だから、一切話をしないという税理士が圧倒的。

ところが、先生が話もできない、回復の見込みもない、こんな場合はどうか?

先生の家族の立場からすれば、病気の先生の看病で精一杯。

事務所のことまで気が回らない。その間は、税理士不在で、仕事は職員任せの状態。

顧問先に話したくないという先生からの指示があれば、当然職員にも中途半端な話で終始。

なぜなら、職員の口から顧問先に病状が語られ、顧問契約の解除となってしまう恐れもあるから。

でも、職員の立場にすれば、先生が現役復帰できなければ、事務所は閉鎖され、失職。

一日も早く、しっかりとした対応をするよう、先生の家族に要求することもある。

数年前の確定申告時期に、ある地方の先生が脳梗塞で倒れ、税理士がいない状態に。

その時は、支部が相互扶助制度のもとで、3人の若手税理士が事務所の業務を分担。

数か月後に先生の復帰が困難ということで、顧問先を分割して若手税理士がそれぞれ顧問契約。

その際、3名いた職員のうち一人だけが、引き受けた事務所の職員に採用されたにすぎなかった。

そんな状態にはなりたくないというのが、職員の本音。

でも、先生の家族は先生から口止めをされているので、話したくても話せない。

先生の信頼するナンバー2がいる事務所であれば、家族と”所長代行”が業務を円滑に進められる。

しかし、ほとんどの事務所が、文鎮スタイルの業務体制を取っている。

命令系統は、先生から職員各人に個別に行われ、他の職員にはその内容は分からない。

従って、先生が不在の状況では、その指示する人がいないので、事務所内はバラバラ。

そんな時に先生の病状をはっきりさせれば、まさに”泥船”から逃げ出すような人も出てくるだろう。

ここで、家族がしっかりと事務所内をまとめるようにしない限り、事務所は”空中分解”してしまう。

手を打つのは早いほうがいい。先生の病状によって打つ手も変わってくる。

よき理解者を事務所内にしっかりと確保していないと、とんでもないことになります。

そう顧問先には、打つ手がはっきりしてから話をすべきでしょう。急ぎすぎてはいけません。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.