エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

中国人のRさんが、在日中国人に税理士事務所の営業!!

投稿日:

日本にいる中国人は60万人とも80万人とも言われます。

企業を経営している人もかなりの数に上ります。

納税という観点からすると、決してほめられたものではありません。

しかし、国籍ではなくとも、日本で収入を得ていれば、税金の申告納付は義務。

日本の役所と一番関係が深いのが、在留のためのビザの申請。

行政書士である税理士にとって、中国人を筆頭に外国人のビザの申請業務を貴重な”財源”。

とはいうものの、この十数年間に来日し、日本で起業した中国人の面倒を見る税理士はごく少数。

言葉が通じないことが一番の理由であり、顧問料の支払いがよくないのも一因。

最大の理由が、税金など払いたくない。

しかし、来日して10数年のR氏は、日本の企業を中国に誘致し、そのコンサルで成功している一人。

中国人は中国人で固まるという傾向は、だれもが認めるところで、日本人から言われても納得しない。

そんな中国人に自ら税理士事務所のパートナーとなって、日本の税金を払うよう営業活動を展開。

すでに百件近い中国人が経営する企業と税理士事務所との間に、顧問契約を取り付けてきた。

新たな起業が増えない状況の中で、これまで営業できなかった中国人市場に新たな一歩を築いている。

中国人を敬遠する税理士も多いが、中国に進出する企業のコンサルより、日本で顧問契約をしたほうが楽。

たしかに、言葉の問題、納税意識など問題も多いが、これをクリアする術はいくらでもある。

中国人のR氏は税理士事務所の営業を担当し、もっぱら中国人企業を顧問先に引き込んでいる。

日ごろの税務上の問題点などは、彼がすべて話をすることで、顧問先になった中国人も一安心。

税理士事務所と中国人の企業、これからは面白くなりそうですが、いかがでしょう。

新しい顧客がつかめないと悩んでいる前に、一つ身近な外国人・中国人に目を向けてみたらいかがですか。

中国人を営業担当として雇っている税理士事務所長と昨日面談し、その結果報告でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.