エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士さんが後継者として考えている人との交渉は?

投稿日:

税理士会の会合などで若手税理士に遭遇する際に、「後継者として、いいな!」という人がいます。

でも、直接「うちに来てくれませんか? 後継者にお願いしたいんですが、、、」と言えますか?

そんな話を聞いた若手税理士も「なんで、こんな時に、そんなはなしが、、、」と、疑問になります。

税理士事務所の内部事情は、その事務所職員以外、ほとんど知る人はいません。

ですから、「後継者としてどうですか?」と言われても、真面目に答える人はいないはず。

しかし、それなりのルートで話が進めば、後継者を求める税理士の願いは叶えられます。

多分、当支援室に相談される先生は、そんな話ができないのでしょう。

でも、自分の希望をはっきり表明して、事務所を他人にスムーズに引き渡した例はほとんど聞きません。

なるほど、お金の話はうやむやで、引き受ける先生ははっきりその金額を言いません。

というより、その金額が果たして受け入れられるかどうか、自信がありません。

譲り受けたい税理士さんが言うその金額は、確かに常識外れになるほど低額です。

もちろん、その金額で交渉が成立することは、ほとんどありません。

しかし、譲り渡す先生が、「顧問先の引継ぎに責任を持って対応します」となれば話は違います。

これも相対取引では、両者の力具合により、簡単には答えは出ないでしょう。

その交渉役が当支援室なんですが、はたして、後継者予定の税理士が仲介役を認めるでしょうかね。

実にシビアな問題ですが、これをクリアしない限り、引退したい先生が腹を決めるには時間がかかります。

実のところ、時間がいくらかかっても、辞めることを決めた先生の判断はほとんど変わりません。

ちょっとしたきっかけで、「大滝さん、お願いしますよ!」となるのが、いつものことですから、ゆっくり見ています。

いずれにしても、その時は必ずやってきます。まさにわが来た道、行く道を歩いているの過ぎません。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.