エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

家族が心配で辞めるに辞められない税理士先生!!

投稿日:

高齢になり、気力も体力にも自信がなくなっているのだが、辞められない。

そんなことで、相談に来られる税理士さんが後を絶ちません。

辞められない理由が、家族。それも、子供の家族を含めた生活の問題。

税理士事務所を開業して、40~50年という先生で、仕事をリタイアできない。

そう、家族が事務員として勤務し、親のところ以外で働いたことがなく、潰しが聞かない子供。

子供といっても、大学生以上の子供を持つ親となった今、先生が辞めると生活の糧を失うことに。

それこそ、親に甘えて、事務所の番頭格を勤めているのであれば、まだしも、甘えの構造にどっぷり。

親である先生もそのことが十分承知であるだけに、他人に事務所を預けることもできない。

それでも、子供を雇い続けられる事務所であれば、事業承継で子供の仕事を確保することはできる。

お子さんが所長代理的な仕事をしていれば、父親の歴史を継承しながら、法人に入ることも可能。

税理士法人の支店として事務所を確保し、事務職員もそのまま雇用できる相手であれば、なおのこと。

さらに、先生も元気な間は祖の支店の社員税理士として登録できれば、顧客もそのまま。

このケースでは顧客離れはほとんど起きない。個人事務所が経営統合し、法人なりしただけのこと。

お客さんも個人から法人格を得たことがあるだろうから、法人なりに対する理解は早い。

でも、お子さんが父親の税理士の威勢を借りていただけでは、当然相当の苦労をするはず。

それでも、何時かはその道を歩かなければならないので、それこそ時間の問題。

遅ければ遅いほど、お子さんも歳をとり、二進も三進もいかなくなることは必定。

そのうち、名義借りなどの脱法行為をし、精神的にも相当の負担をすることにもなりかねない。

まさに税理士法違反だから、捕まれば、それ相当の刑罰が待っている。それでよいのだろうか?

お子さんが歳を取る前に、生活の手段をほかに求めさせるのも、資格者である先生の義務でもある。

解決策はそれなりにあるので、ご相談はいつでも気軽にお寄せください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.