エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所が勤務税理士らに乗っ取られた事例!!

投稿日:

昔、勤務税理士と事務局長役の職員が結託し、所長先生から事務所の経営をノットたことがあります。

実はこの話、所長先生から、勤務税理士に譲りたいが、その交渉をしてほしいとの要請で知ったことです。

事務所の規模は売り上げ6千万円ほどでした。従業員は7名で、勤務税理士は一人。

その税理士も登録間もない状態で就職し、先生の指導で、税理士業務も任せられるまでになりました。

その間、職員の勤務条件の改善などで所長とやりあっているうちに、事務局長とも連携。

自らの給与なども大幅アップをすることに成功。先生は任せたばかりに、実権を失ってしまったのです。

気の優しい先生で、自分は交渉できないので、弊社に依頼が来たのです。

そこで、交渉役を任されてみると、勤務税理士と事務局長は、先生の経営能力を全否定。

しかも、自分たちが稼いでいるかの如くの言いたい放題。

先生を追い出しかねない勢いで、全職員が自分たちについていると、まさに傲慢そのもの。

交渉内容を先生に報告すると、それでも何とか交渉をまとめ、対価を獲得してほしいとの一点張り。

職員たちとともに勤務税理士が独立してしまえば、事務所自体が存続できなくなることは明らか。

そこで、先生の了解を得て、先生が”給与”として手にしていた金額の5年分で手を打った。

もちろんこの金額は、年商には遠く及ばないが、それ以上の金額では勤務税理士側は、答えはノー。

今は高齢の先生も個人事務所として、細々と税理士活動をしているが、昔の姿は見られない。

引き継いだ勤務税理士の事務所は、昔の事務所と同じところでえいぎゅを続けている。

お客さんにどのような説明をしたのかは定かではないが、一抹の寂しさを感じた事例であった。

こんなことがならないように、先生頑張って、後継者対策をしっかりしてください。

後継者を育てることができなかった先生は、変な税理士を引き込んで、乗っ取られたら大変です。

ご家族のことも考えるならば、正式な事業承継契約をしっかり行うよう、努力してください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.