エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士さんの娘さんからの電話は、名無しの質問!?

投稿日:

良く、女性からの質問をいただきます。

税理士さんの奥さんからの電話は、ほとんど事業承継を依頼するもの。

しかし、娘さんからは、「事業承継にかかる期間」「相手の請求できる金額」などの質問。

税理士事務所の評価はほとんどの人が、具体的にはつかんでいないのが普通。

そこで、確認先として当支援室に電話がかかってくるわけだ。

それも、質問内容を聞くことが最優先で、最初に名乗る人はほとんどいない。

このことに気付いたのは、つい最近の事。

質問に答えるのに、名前を呼ぼうとしたときに、電話の先の方の名前が分からないことに気付いた。

そこで名前をお聞きするのだが、答えない人もいる。とにかく質問の答えが欲しい。

昨日かかってきた電話も、事務所を売ったらいくらになるのかという質問。

一概には言えないので、事務所の規模などを聞くのだが、一般論でいいのだと繰り返す。

つまり、売り上げなどが分からなければ答えようがないのだが、それは分からないと言う。

売上を基礎のするとしたら、その何%で売却できるのか、と聞いてくる。

それも顧客の状況によって異なると答えると、何%でいいんです、と答える始末。

50%から80%でしょうと答えると、それでその支払の期間はどれくらいでしょうか、と追加の質問。

これまた承継者の事情などで異なるので、交渉によると答えると、これもまた一般論でいいのだが、という。

一括払いもあれば、1~5年で支払うものもあり、中には先生の生存中払い続けるものもあるあると答える。

その上で、聞き手の具体的な情報がない以上、正確には答えられないと回答。

訊き方がぞんざいになりつつあるので、名前を聴こうとすると、電話は切れた。

今後電話がかかってきた折には、最初にお名前を聞くことにしようと、考えさせられた電話でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

5月24日・東京、6月7日・小倉、税理士事務所事業承継セミナーを開催します。受講希望の方は、フリーダイヤル 0120800058 で、5月20日までにお申し込みください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.