エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

この10年間で数件の事業承継をした税理士に会いました!

投稿日:

事業承継に関して話が聞きたいという、税理士法人の代表から電話があり、昨日会いました。

道に迷い、事務所のあるビルが見つけられず、約束の時間15分ほど遅刻。

これが心証を悪くしてしていたようだ、と後で納得。

まず、話を進めていくと、この10年間で数件、税理士事務所を吸収していることが判明。

そこで、承継の対価を訊ねると、「そちらに使われてしまうので、言えません」と、顔を強張らせる。

当支援室の評価を伝えると、「そんな高額なことはないはず。眉唾です」と、断言。

こちらの仲介の歴史やその数を話しても、「そんな金を出したのでは、やっていけないはずだ」

現実にそれでつぶれた事務所はないし、現実に手を上げる事務所は相当数ある。

しかし、7年前と現在では、事務所の評価は大分下がっていると言っても、「当然だ!」の一声。

「5年もしないうちに2割の客が無くなって行くから、対価は年商の5割が最高水準だ」という。

その支払も、年金方式で10年掛けて支払うのが普通という。

「高齢を理由に税理士を辞めるので、年金方式は一番いいでしょう」と言う考えのようだ。

お客さんも先生同様に歳を取り、その客が減るのは当然のこと。

そのプラットフォームをいかに活かしていくかが、事務所経営の妙だが、そこまでは考えていない。

5年掛ければ元が取れるいい商売のはずだが、今はそんな時代ではないとも断言される。

さてさて、自らの事務所として定期的にDMなどを出して、承継相手を探している。

それでもこの10年で数件。直接交渉になるから、譲り手も希望を高く言うことがないのだろう。

言ってみれば、承継する方が強い立場になるのに違いない。

当支援室では、承継先のペースだけが優先される交渉はしないし、評価はこちらが決める。

当然、譲り手と承継者の了解がなければ、交渉は成立しないのだから、双方が歩み寄る。

当支援室の評価は譲り手側に対する思いが強いので、承継者には割高となるだろう。

しかし、その高い評価だけで構想が決裂することはない。

これはお客さんの評価もするからだ。単なる売上だけで判断するわけではない。

もちろん、譲り手の雇用する職員もチェックさせてもらう。雇用を維持するためだ。

承継者の事務所のレベルと差があるのは、常識。

そのレベルに達しない職員は採用しないというのでは、問題外。

譲り手の税理士さんから、ときに「辞めさせてもいいですよ!」と冷たく言う先生もいることはいる。

でも、ほとんどの先生が「レベルは低いかもしれないが、使ってやってください」という要請がある。

お客さんとの日常の交渉をこなしている職員が辞めてしまうと、お客も離れてしまう。

それを防ぎ、譲り手の先生の事務所の風土も呑みこんで発展させることこそ、事業承継の妙味では?

いろいろな税理士さんに会いますが、「時間を買う」この事業承継に成功するかどうかは、組織の問題。

個人事務所では、そうそう大きな展開はできないでしょう。

そんな感想を抱いた今回の面談でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のお悩みは、フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp
までお気軽にご連絡ください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.