エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

一昨日、交渉の仲介にとの緊急電話が、

投稿日:

税理士事務所の先生から、「確定申告も終わり、そろそろ店じまいを考えているので、、」とは良くある話。

今回は、税理士法人雄経営者から、「承継の仲介に入って下さい」といった依頼が舞い込んだ。

譲り渡しの先生が急速に気力がなくなり、今週中にも承継をお願いしたいという。

引き受け手は税理士法人なので、交渉に同席する役員と刷り合わせもあり、来週の面談に。

承継相手と税理士法人の代表とは、日ごろから昵懇の間柄で、すでに双方は暗黙の了解済み。

しかし、あまりの急な話の進展で、税理士法人内の意見の集約が取れていない状況。

そんな中で、過去に一度、事業承継のお手伝いをした当支援室に緊急以来となったもの。

双方とも了解しているのなら、当支援室の関与などは必要がないとも思われるのだが、

代表は、「言いにくいことは双方とも口に出さない。そこで、仲介してもらい、悔いを残したくない」

言いたいことをはっきり言ってよい場合とそうでない場合がある、というわけだ。

特に金銭にかかわることは、なかなかはっきり言い出せないもの。昵懇の間柄であれば、なおさらだ。

かねてから、そんなことを言っていた代表の電話連絡だけに、当支援室も、早速日程を組む。

来週の現場には、事業承継契約書案を持参しての交渉となるが、多分、簡単に決まるだろう。

このような形で、当支援室が仲立ちをするケースがここにきて増えています。

仰々しく弁護士を立てて、交渉にあたるよりも、ソフトな感じで交渉が進むからだろう。

当支援室もあくまでも両者の意見を集約する話だが、非弁行為にならないようチェックしながら。

このような要請は、税理士同士の承継に、うまく行かない事例が増えてきている証左だろうか?

そう言えば、先日も先生の娘さんからとんでもない話が舞い込んだ。これは明日のブログで書きます。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.