エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士の皆さん、確定申告でご多忙中ですね。

投稿日:

電子申告が普及するにつれ、確定申告のピークが、3月15日から1週間程度早まっています。

税務署に毎年のように無料相談行く人は、変わりないと思います。

でも、税理士事務所にご厄介になる人は、確実に早く済ませるようになりました。

といっても、納税者の対応が早くなったのではなく、税理士事務所の対応が早くなっているのです。

今週中には、保険料収入に関する資料が届く医療関係を除くと、申告事務修了の事務所も出てきます。

還付などは早く申告すれば、早く還付金が納税者に届きますから、税理士事務所は早く対応します。

この早期申告の有力な武器になっているのが、電子申告。

電子申告を採用する発想は、還付金を早く届けることで、納税者にいい顔ができるということ。

もちろん、米国では1995年にはスタート。日本もこれを参考に2000年に入り、採用されたもの。

でもでも、税務署の指導の成果として、今や税理士事務所の電子申告は”常識”。

TKC全国会などの税理士の集団では、”電子申告全国ナンバーOO”などと標榜するまでに。

むろん、確定申告をする人のデータは、数年前からの基礎データがあるので、申告書作りも簡単。

必要な項目を埋めれば、後は税務申告ソフトが、申告書を作成してくれる。

その申告書に、税理士がチェックを入れれば、後は税務署にPCを通じて送るのみ、実に簡単。

今の時代、3月15日の夜中まで、申告書をを作成しているなんて、有り得ない。

そんな時代になっています。

領収書を抱えてくる納税者を相手にする税理士事務所は、大変ですね。

なかには、電子申告など無縁の先生方もいらっしゃいます。

そんな方が、事業承継の対象者かもしれません。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のお悩みは、フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp
までお気軽にご連絡ください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.