エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の所長は経営の話は嫌い!!??

投稿日:

税理士は独立に際して、果たしてその経営方法を誰に習うのだろうか?

独立とともに、すぐに職員を相当数抱える先生は、ほとんどいない。

まずは自分一人、そして家族の応援。雇っても1名がやっとというのが、まずスタート。

その際、自分が育った税理士事務所の運営方法をまねるが、経営そのものは自己流。

自己の感性で、事務所業務を進め、顧客が増えるに従て、職員も一人二人と増えていく。

この時点でも経営を学ぶ、時間的にも、資金的にも、そんな余裕はない。

そうこうしているうちに、税理士会の支部の仕事が回ってくる。

支部の先生同士で、事務所経営の話はさっぱりでない。いや、積極的にしない。

自分のやり方がおかしいかどうか、ベテランの先生を捕まえて、話を聞く、勇気はない。

自分の事務所の内情を話さなければ、経営相談にも回答がもらえない。

経営の実態を他人に知らせて、チェックしてもらうなどということには、消極的。いや、しない。

会計事務所の経営者、つまり所長先生を対象にした経営セミナーはどこも集まりが悪い。

他人に口出しをしてほしくないのだ。

相談しなくても、それなりの事務所を作り上げてきたという自負もある。

とくに経済成長期のいい時代を過ごした先生は、経営など考えなくとも、成長できた。

でも、もう、そんな時代ではない。

所長自らが自分の事務所を十分把握し、コンサルのチェックをしてもらうのも必要。

自ら、他の事務所の経営戦力をしっかりと見届け、採用できるものはどしどし消化する。

「経営の話はおれは嫌いだ」なんて言っていられない時代に、なってしまった。

サービス業である会計事務所を経営するということ、それを知っている所長は今も伸びている。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.