エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

「親の心、子知らず!」とは言えない、甘い親!実の多い税理士一家!!

投稿日:

ご自身が試験に受かったんだから、子供も同じように受かるだろう。

こんな感じで、お子さんの受験対応を見ている税理士さんが少なくない。

会計2科目に合格したのだから、税法もここ数年で合格できるに違いない。

親の欲目で、そんな予想を立てているのだが、なかなか合格の両方に出会わない。

そうこうしているうちに、実務が忙しくなって、勉強どころではなくなってきた。

親の年代であれば、仕事を終えた後、試験勉強に精を出すのが当たり前。

勉強を続けるのに、今ほどの誘いはない。

今は受験勉強をしていても、PCやモバイルから友人が誘いをかけてくることも少なくない。

実に簡単にコミニュケーションができる時代、一人勉強をするということにはあまりに多い誘惑。

それでも、毎年1000人近くの人が合格をするのだが、合格者の平均年齢は20代。

親が経営する税理士事務所に席を置き、勉強させてもらえる子弟の合格率は極めて低い。

それというのも、親が稼いだ資金で予備校に通う子弟には、親の時代とは思いが違う。

親はいかにして税理士試験の合格して、生活の糧を手にするかということで必死だった。

それに比較して、自らの親が経営する税理士事務所の職員として、受験勉強に精を出すのは??

親である税理士さんは、「今予備校に行っていますが、数年後にはとってくれるでしょう?」

単純にこんな会話となるが、大学を卒業して、十数年の若者だったお子さんが、果たして??

しかも、40代になっても簿記、財諸も受からない。こうなると親である税理士は引導を渡す義務が。

お子さんも40代に突入していれば、もう探せる仕事もほとんどないに等しいでしょう。

親の事務所の会計業務をしっかりと管理し、税務は父親の仕事と割り切っていられればいいのだが。

日頃から甘いことを言いつ続けた先生には、はっきりと言えないだろう。

それだけに、歳になったから、辞めようと考えても、辞められなくっている。

しかし、子供を身近に置いて置きたいなんて考える方が、時代が許さない。

甘えがお子さんを悪くしているのではなく、子離れができない人ほど、辞めるに辞められなくなっているようだ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.