エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

30年掛けて作り上げた税理士事務所、他人に渡したくない!!

投稿日:

企業を作り上げた創業者は誰でも、その会社から自らがいなくなったことを想像しにくいもの。

自分なしで企業が成り立たないと考えるのが、普通の経営者。

その一方で、30年以上も経営者として君臨できることは、上場企業では考えられない。

それほど社会の様変わりは激しい。

ところが、わが税理士業界では、これが普通の事のようになっている。

一人親方企業の典型的な例だ。

税法は毎年変わり、それに付き合っていくには相当”やわらか頭を”持っていないといけない。

しかし、それなりの歳になれば、新しい情報は入りにくくなってくるのは、人間の人間であるところ。

それをどのように解決するかは、各事務所経営者が頭を悩ますところ。

その経営者が自分が作り上げた事務所の”作法”を変えることは、ほとんどできないのが普通。

そのやり方が時代遅れになっていても、絶対君主の所長のやり方を、職員はノーとは言えない。

しかも、税理士事務所の雇用形態は至極簡単で、所長がノーと言えば、翌日から職員は”職なしに”。

労働基準法で守られているというものの、果たしてその通りかといえば、これまたノー。

経営者の指導方針に従わなければ、有無を言わさず、”退場”の宣告が行われる。

しかし、歳をとっても、やはり自ら作り上げた事務所を他人に渡すとなると、心は揺らぐ。

契約しても、揺らいだ心を落ち着けるには時間がかかる。

そんな状況で引継ぎ業務を行うとなれば、承継先の不具合だけが目につき、心もさらに揺らぐ。

これをじっと考えるのが大人というもの。

すでに歩き始めたその足を止めることはできない。

でも、やっぱり、自分の事務所。お金には代えられないのでしょう。

自らの引退を、やはり認めたくないのでしょうね。いつか行く道ですが、その日はご自身しかわかりません。

こんなやり取りをするのが、事業承継支援室の業務です。

米国で見てきた会計事務所の事業承継と、やはり明るさが違うのはなぜでしょう。

次の一歩が、日本人にはないのでしょうかね。

事業を辞めること自体を、自らの人生の”終息”と考えているのでしょうか。

この7年間で初めて、少し寂しい思いを感じた、本日のある事案でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.