エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士の処分、禁止または停止。禁止は資格剥奪!!

投稿日:

毎年この時期になると。国税庁のサイトで、官報に掲載された税理士に対する懲罰が掲載されます。

税理士業務の停止と禁止が主な処分ですが、当支援室にご相談があった方が乗っていることもあります。

数年前にも、息子が資格がないので、事業承継をしたいという方からご相談を受けました。

しかし、よく聞いてみると、ご本人が引退するようなことではなく、税理士を探そうという雰囲気。

ご自身が税理士なのだから、税理士は必要ないのではと思いながらも、話を聞いていた。

結果は、当方が支援できるような体制ではないので、お断りしたが、実はその数か月後に”禁止”の処分。

国税当局から、禁止の処分が行われると、税理士としての業務は一切できません。

いわゆる、税理士資格の剥奪です。

資格がなければ、税理士としての業務はできませんから、税理士事務所は閉鎖するしかありません。

従業員も路頭に迷うことになります。

しかし、税理士でなくても、その周辺業務の会計業務はできます。

税理士は税に関する業務に限られていますから、その前提の会計業務には、縛りはありません。

ですから、税理士として違反し、税理士資格をはく奪されても、会計業務はできます。

税理士の顧客としても、税理士かどうかなどは問題にしません。会計・税務ができればそれでオーケー。

そこがミソ。税務は税理士が担当していると言えば、顧客は文句を言いません。

そこで問題です。

税理士として、資格をはく奪された人が、税理士業務の周辺で業務を行っているでしょうか?

しかも、税理士法人の役員として、経営の参画しているでしょうか?

税理士法人の中で、税理士資格を剥奪された人が、会計業務で役員などを務めているケースはあります。

これは、誰も文句を言うことはできません。

税理士法人の創立者が、”勢い余った”国税当局のチェックで、資格禁止になってしまった。

当然、”禁止”になったのですから、税務はできません。

顧問先が、税務よりも経営の指南役として、評価をしていれば、顧問関係は継続できます。

そのような専門家ほど、期待されるわけですから、資格はともかく、信頼関係の継続こそ力になります。

でも、税理士法人などの役員にはなれませんので、その辺の組織は十分にチェックが必要でしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.