エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

小規模事務所の承継を希望する税理士が増加!!

投稿日:

経営規模に見合った事業承継を希望する税理士さん、それは当然です。

それでも、この数か月は1000万円以下の承継希望者が特に目立ちます。

やはり、事業規模が拡大するよりも、顧客が減る方が多いのでしょうか。

確かに、顧客を増やすより、減らす方が多いというのが昨今の傾向です。

これは当然わかります。なにしろ企業自体が減少し、起業する人が増えていないのですから当然です。

小規模事務所を希望するのは、自らの経営姿勢を顧みた場合の正当な判断でしょう。

とにかく経営を拡大して、盤石の態勢を作りたいという、企業経営者というのではないような気もします。

何より、自らの事業を確保し、事務員の生活を確保するための経営基盤の確保のための承継策。

そんな感じの話が多いのです。

これまでは資格で商売が成り立っていたのですが、いよいよ資格があるだけでは食えなくなってきている。

そんな風に相談者から受けるイメージです。

生活のためだけに追い詰められて、税理士業務を続けるには相当の苦労がいるでしょう。

確かに、高齢化した税理士さんの事務所では、所長よりも職員の収入の方が多いこともままあります。

誰のために経営を続けているのかというと、正直事務職員のための事務所経営になっている。

これからはそんな事務所が多くなるような気もしますが、果たしてそれでやっていけるのでしょうか。

経営思想が明確にし、企業戦力を確立した税理士法人と太刀打ちができるのでしょうか?

大いに疑問です。

それでも、小規模事務所にもお客さんはついてきます。

先生の食い扶持が減ることはないでしょうが、成長戦略を望むべきもないでしょう。

今後数年間で、その格差は明確になるでしょうが、はつぃえ小規模事務所の経営はどうなるのでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は 、フリーダイヤル 0120800058 または、e-mail fumio.o@np-net.co.jp
ご相談は無料です。 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.