エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所の労働分配率?

投稿日:

税理士事務所の賃金は他の業種に比較してやすい、という”評判”がある。

確かに、”一人親方”の事務所で、税理士試験を受けている職員の給与は安かった歴史がある。

それは、「試験勉強ができるよう、残業なども少なくしている」といった理由を挙げる経営者もいる。

確かに、夜間の予備校に行けるように、環境を整えている事務所も少なくない。

残業代がおきなウエートを占める業種だけに、残業がない職員の給与は当然少なくなる。

しかし、最近の事務所は極力残業を少なくし、コストを下げる経営を目指す方向にあるのも事実。

顧問先が”自然減少”する傾向も強い経営環境下において、当然の策でもある。

そんな努力をしても、会計事務所のコストの一番は、なんといっても人件費。

労働分配率が60%を超える事務所も中にはある。

仕入れがないのだから、コ人件費が最大のコストであることは、当然といえばその通りだ。

そんな中で、所長の”取り分が40%超もある事務所もあるのだが、これはまた例外。

所長が50歳を超えるころには、資産はしっかり蓄積し、いつ辞めても食っていけるなんて豪語するひとも。

まあ、こんな例は少ないが、会計事務所の職員への”配当”は50~55%が普通だろう。

これ以下だと、職員の給与は低く抑えられていると考えても、いいのではないだろうか。

しかし、所長の年齢が高くなると、この労働分配率も年々高くなる。

一人頑張っていた所長も、職員任せで十分事務所が回ってようになり、必然的に、所長の”取り分”は減る。

所長も自らの”生活費”も少なくなるので、職員の要求にも応え、分配率が高くなるわけだ。

それでも、一般的に高い給与を維持できている事務所は、なぜか経営数字を職員にも公開している。

頑張りようで、ボーナスも増えるということが分かっているので、その分モラールが高いと言えるのだろう。

給与に文句は言わず、一生懸命勉強して資格を取得し、早く独立する、このビジネスモデルもなくなりつつある。

それだけに、税理士事務所経営者は、顧問先からの報酬の減額には神経を使う。

安く使う、と言う考え方では、今や人は集まらなくなる傾向にある。

小さな事務所でも、意識次第で、一般より高い報酬を手にすることは十分可能だ。

長く職員がいられる事務所、それを願い、給与も高く維持する所長さんも少なくない。

そんな事務所も後継者がいなければ事業承継せざるを得ない。

従業員も、同じ考えを持つ経営者・税理士を期待するが、こちらは探し当てるのはなかなか難しい。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.