エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

実務担当者に会えない承継話!!

投稿日:

会計事務所の事業承継の相談は、所長税理士がすべて。

もちろん、事業承継の決断は経営者しかできないのは、当然の話。

そのステップですが、最初は経営者である税理士さんが、すべてを決めます。

当支援室の提案する承継先の先生に会うか、会わないか、からスタートです。

この段階では、職員には秘密です。なかには、奥さんにも話していないケースもあります。

数年前に承継を完了した事例で、先生が事前に奥さんに話さない理由を話してくれました。

そろそろ引退すると家族に宣言し、後継者と目する税理士を採用。数年間は勤務状況も良好。

ところが、後継者であると”自負”していたのが裏目に。なんと、所長をないがしろにするように。

これには、みんなの前で後継者として指名した所長も、怒るやら、情けないやらで、結局くびにした経験がある。

奥さんからも「勝手に候補者を決めてしまったから、失敗したんじゃないですか?」とぐちぐちと言われたとか。

それだけに当支援室に見えた時には、まず最初に「このことは誰にも言っていません」と宣言。

支援室の担当者が怪訝な顔をすると、それの事情を話してくれたわけ。

それからは、事務所職員に気づかれないように、「東京の○○ですが、先生いらっしゃいますか?」

携帯電話が今ほど普及していなかったので、事務所の電話を使って事務連絡には気を遣いました。

お相手の先生のことも電話で話すも、極秘資料などは郵送。これまた会社の封筒は使いません。

と言いながらも、職員に解封されてはたまりませんので、簡易書留で送ったりもします。

「お客さんでもないのに、なんでこんな書留が所長に届くのだろう?」なんて疑問も出ていたという。

最終的に契約が整った段階で、所長から事業承継の決意が語られ、ここまで来ては職員も反対できず。

もちろん、家族には契約前に”重大発表”を済ませ、「そろそろしょうがないでしょうね」との言質を取る。

人それぞれだが、前段の先生は契約が整ってから家族に宣言。反対など一切言わせず仕舞い。

長くなりましたが、この段階まで実は承継する事務所の所長さんは、職員たちと会っていません。

どんな職員がいるのかといった話は、譲り渡す先生から聞いてはいるが、その職員たちの実力は?

さらに、事業承継の引継ぎの際に、辞めていってしまうのではないか、不安がふつふつと浮かんできます。

でも、委譲する先生から「大丈夫。全員必ず先生の仕事に協力しますよ」と言われれば、ノーとも言えず。

やはり、契約後には堂々と職員たちとも面談し、全員の考えもしっかり聴取し、準備万端。

契約する前に、職員たちと会えば、彼らが所長を問い詰め、破談まで持っていくような剛の者もいます。

そうなると、彼らの職場もなくなるのですが、そんなことは考えません。

「先生に続けてもらえばいいんです。先生もまだまだ健康ですし、頑張りましょうよ」

なんて言われて、「契約をちょっと待とうか」と一言でも発しようものなら、「そうですよ、先生!」

あと何年仕事を続ければいいのでしょうね。

こんな形になったケースもこの7年間で、実は1件あります。

承継する先生、どうか”成功の法則”を信じてくださいね。職員に会えなくても、大丈夫ですよ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.