エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

コミュニケーションの取れない税理士!!??

投稿日:

税理士の仕事って、企業の経営者・経理担当者とコミュニケイトして初めて前に進むんですよね。

税法に学問的に精通していても、生きた経理を処理できなければ、なんの役にも立ちませんよね。

先日、「税法なんて大嫌い、税務申告書の作成なんて、やりません。」こんな税理士さんに会いました。

いわく、「決算書を作成し、申告書を作成することは、慣れた職員であれば、十分できます。我々より早く、正確なものを作れますよ。そのためのソフトがどこの事務所にもありますからね。」もちろん、チェックはしますが。

ところが、事務所経営のキャリアが長くなり、規模が拡大するに従い、お客様との”全方位外交”の前提が崩れ、所長としてお客さんに会う機会が減少していく。

そうなると、職員が所長の事務を代行する時間が長くなり、自然と職員任せになっていく。職員が”力”を付けていく瞬間だ。所長があるとき気づいて、事務所を振り返ると、職員の発言力が非常に大きくなっていることも。

職員とのコミュニケーションが取れなくなっていく瞬間がやってくる。「我々がしっかりやれば、所長には安心していただけますから、」と言うものの、その言い分を鵜呑みにすることはできない。

税務が大嫌いな税理士さんは、税務実務は職員にしっかりやらせ、ご自身、実はお客様とのコミュニケーションにほとんどを費やしているという。「人生経験の豊富な先輩たちと話しているほうが、いいですよ」と笑う。

お客様との絆をしっかりしておけば、職員が以下に実務に長けようが、関係ありませんというわけ。「私の知らないところで、話が進んでいたことなんて、一切ありません。」

どんなお客さんとも話をしっかりしておくという。「会社の規模で会う、会わない、なんて考えたこともありません。皆さん、私が選んだお客様ですから」と、やはり、絆をしっかりしている人には成功の道が開かれている。

そんな方でも、後継者にはご苦労され、果たして誰を後継者にすればいいか、悩む毎日だと言う。「世界中を旅行して歩きたいので、早く辞めたい」と”贅沢な悩み”をお聞きしたが、正直うらやましく思う。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.