エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

よくある話だが、つい最近も高齢の税理士から聞きました。

更新日:

後継者候補者として雇った若手税理士が、職員を引き連れて独立。職員が担当する顧問先を″持ち逃げ″た。
3年前に仲介した案件では、甥っ子を後継指名したが、ベテランと相性が合わず、職員と共に独立させた。
当然、移籍する職員が担当していた関与先は、彼らに任せ、分離独立の形として、お客さんを安心させた。
今回は、これとはまるで違い、なんとベテラン職員が若い税理士と同僚をそそのかし、新事務所を設立。
″持ち逃げ″された高齢の先生は、信頼していたベテラン職員のクーデターになす術もなく、やる気も失せた。
とは言うものの、何もせずに事務所を閉鎖するわけにもいかず、残った職員を守るため、事業承継を決意。
そろそろ辞め時と考え、後継者候補を探し、職員とも分かりあえるようになった時に、事件は起きた。
それも業務の中心になっていたベテランが、用意周到に準備したクーデターに、所長も唖然とするばかり。
引き留め策も全く効果がなく、顧問先の″持ち逃げ″で、売り上げも4割減少となり、経営も危機的状況に。
このままでは、職員の不安も募り、退職する職員も出てくることも予想されるので、その前に手を打った。
事業をしっかりした税理士法人に譲れば、今いる職員も安心して仕事ができるはずと決意は固い。
災い変じて福となる、それを実現できるのは、事業承継して、老兵は静かに消えることだと決めたという。
来週の3月決算5申告の業務が終われば、承継実務に拍車が掛かるが、それもすんなり終わるはずだ。
税理士が事務所を閉めるには、様々な理由がありますが、職員の裏切りが原因とは、何とも切ないですね。
Ps.一昨日、コメントをお願いしたところ、早速、都内の30代の職員の方(科目合格者)と地方都市の税理士さんから、業界情報が参考になるとのコメントをいただきました。元気が出ました。今後ともよろしくお願いします。
事業承継・M&A支援室長大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.