エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

お金に゛うるさい゛税理士、いつまでも文句を言いますね!

投稿日:

事業承継契約に調印し、いざ税金を払う段階になると文句が出ます。

承継の対価に関して、備品等の譲渡として金額を設定します。

例え、償却が終わっていても、売買となると金額はつけられます。

その金額があまりに高額であれば、当局から否認されるでしょう。

しかし、我がコンサルのお客さんは税理士ですから、そこは考慮。

適切な譲渡価格で契約するのは、当然のこと。

税理士事務所の承継となると、その対価は雑所得になる。

これまでにも再三再四、当局の解釈は変えるべきだと主張してきました。

残念ながら、相も変わらず、雑所得の判定は変えられません。

ところが、まだまだこの判定を知らない税理士が、ほとんどです。

契約締結後も、暖簾の譲渡として申告するという税理士もいます。

当支援室では、対価は雑所得だと説得しますが、納得しない人もいます。

なかには、雑所得だという助言をしなかったと、クレームもあります。

こうなると、税の専門家として、はたしてどうかとの疑問を感じます。

コンサルタントは税の専門家ではなく、当局との交渉も門外漢。

税理士として、税法通りに判断すべきでしょう。

でも、お金にうるさい人は文句を言いますね。

こんな所長の場合、職員に聞くと、とにかくお金に細かいという。

その反面、家族従業員には他の職員より超優遇の給与を支給。

まあ、中小零細企業の社長一族と同じ対応、個人事業の典型。

コンサルタントとしては、料金を請求するまでその本性は分かりません。

料金を請求した途端に、様々な゛要求゛がでてきます。

本音は、コンサル料を安くしろということです。

対価の所得に関する判断は、どうしようもないと、コンサル料に目を向ける。

こんな依頼者には、格好の相手を探せたという満足感は出ません。

時には、コンサル料をお返しし、縁を切ることもあります。

まさに、コンサルタントとしては、流行りの不徳のいたすところでしょう。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.