エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士は引退を決意、職員に選択の自由を与える!?

投稿日:

事務所を閉鎖すること、税理士にとっては大変な決断。

「事務所を閉めるから、皆さん、次の職場を探してください!」

こんなことを言われる先生も、確かにいるようです。

顧問先にも、「もう歳だから、他の先生を!」と、言ってしまいます。

でも、職員は、行き先を自らで探せるのでしょうか?

探せなければ、新たな仕事にチャレンジしなければなりません。

同じ事務所の職員が、一緒に新しい事務所に行くことはどうでしょう?

顧問先を持っていくことができれば、それも可能でしょう。

所長が引退して、顧問先の面倒を放棄すれば、担当者は御の字。

持って行くのが、法律に違反するかどうかなどは、問題外。

顧問先のために、担当者が頑張らなければ、それこそ事務所は崩壊。

そんな事態を避けるのが、所長の一言。

みんなで一緒に、税理士法人の傘下に入り、顧問先の面倒を見る。

所長が辞めると宣言して、その数日後には、次なる手立てに!

規模がそこそこあれば、法人の支店化も可能。

顧問先の担当者だけが移籍するのではなく、総務やパート職員も一緒。

事務所仲間が同じ事務所で働き続け、所長も安心して引退ができる。

もちろん、移籍後に様々な問題も起こるだろうが、それも普通のこと。

所長が代われば、事務所ムードも変わり、感情の行き違いも出る。

そこを克服するのが大人の対応力、団結するしかないでしょう。

こんな相談も実際に飛び込んできていますが、さてどうなりますか?

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.