エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

高齢の社長のおもりは、若い税理士にできるか?

投稿日:

引退間近、高齢の税理士さんが危惧するのが、゛老人゛のおもり。

長年、顧問先の社長の話を聞いてきた税理士は、承継に不安を言う。

自分が辞めたら、顧問契約を切られてしまうという不安だ。

ご自身と社長の関係は特別で、他人が入る余地はないとも言う。

しかし、いつまでもその思いに囚われていては、承継はできない。

実際に毎月一度、顧問先に行き、会計業務はそこそこに、社長との対話。

長い時は2時間を越えることも、たびたび。

社内でも、社長の話をじっくり聞き、それなりの対応ができる人はいない。

社長も自分の意見に、的確な意見を言える人が聞き手になって欲しい。

まあ、気心の知れた税理士であれば、遠慮なく意見も述べる。

その時間こそが、税理士の重要な゛仕事゛であり、職員には任せられない。

とは言うものの、何時までも囚われているわけにはいかない。

事業承継をする相手の事務所に、おもりの出来る人材がいるのかどうか?

多分、承継する税理士が担当する以外、的確な対応は取れないだろう。

しかし、毎回税理士が訪問して、大ベテランの話を聞くだろうか?

答えはノーだろうし、職員が訪問しても、契約は破棄されないだろう。

実際の仲介案件でも、たびたびこのような話を聞かされてきた。

実際、承継後に所長が訪問しなくなっても、契約はそのまま継続している。

高齢の社長さん自体、自分も後継者が欲しい、先生が羨ましいと考える。

だから、前任の先生より若い担当者が来ても、同じように対応されている。

そう、若い担当者でも問題なく、顧問先の社長との関係も良好。

やはり、高齢の社長の見識で、担当者が代わることに理解を示す例が多い。

引退を考える税理士の思い過ごしで、腹を決めれば、ことは進む。

冒頭の質問への回答は、「問題なし、大丈夫です。引き継ぎは十分できます」

いかがでしょう、ご心配されている先生への答えになったでしょうか?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.