エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

今年の税理士事務所事業承継の傾向は?

投稿日:

特徴的なことでは、相対取引で仲介依頼が増えたことではないでしょうか。

例年、仲介依頼はありますが、今年は引き受け手からの依頼が増えたこと。

これまでは、譲り手が口約束だけでは心配と仲介を依頼。

ところが、今年は引き受け手が承継過程も見守ってほしいとの要請。

承継途中でトラブルになったとき、行事役を務めてもらいたいという。

通常は、契約締結のための交渉を、円滑に進めるのが役目。

契約が終了すれば、当事者同士で承継作業を進めることになる。

仲介者が、承継作業中の細々した作業を指示することはもちろんない。

引き受け手側に立って、作業を見守ってもらいたいとの要請もある。

これには対応しないが、譲り手に契約違反行為があれば、話は別。

筋の通った要請であれば、当然両者の間に立って行事役を果たす。

その点を理解してもらえれば、喜んで仲介役を引き受けることになる。

そう、今年は引き受け手からの要請で動いた結果、譲り手が納得。

譲り手には他の引き受け希望者の話があり、どちらにするか迷っていた。

そこで説得役を要請され、譲り手も相談者を探していたことが判明。

依頼者と他の希望者とを総合的に判断した結果、依頼者に軍配が上がった。

その結果を両者が認め、無事契約終了。併せて、承継作業も見守ることに。

仲介依頼から1月もたたず、スムーズに業務終了。

これも両者が弊社を行事役と認め、そのアドバイスを聞いてもらえたからこそ。

なかには、自分でが企画している承継対策のアドバイスを求める先生もいる。

いずれにしても、弊社は、効果的な事業承継の助言者として働きます。

今年のblogは本日で終了し、新年は5日から始めます。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.