エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

顧問先で一番のお客さんが、事業承継に反対、さてどうする?

投稿日:

税理士事務所を開設できたのも、一番の理解者があったからこそ。

その後30数年を経て、事務所もそこそこの事務所に成長した。

後援者である顧客第一号の経営者も、時には苦楽をともにした。

事務所が成長するときにも、彼が多くの同業者を紹介してくれた。

その中で顧問契約を結んだ社長さんたちからも、次々と紹介を得た。

年々規模を拡大していくなかで、顧客第一号の恩人も成長を続けた。

開業以来30数年の今も、実のところ、その顧客が顧問料も一番。

事務所売り上げの10数%を占める、経営上最大顧客に成長している。

そんな中で、税理士として年齢を重ね、そろそろ引退の時期を考えている。

そこで、一番の顧問先に相談したが、その答えはとんでもないもの。

「私が認める税理士でなければ、承継は認めない」と言うのだ。

それも、自分と同等もしくは、それ以上の能力の持ち主でなければダメだ。

若手の税理士で、高齢の社長に対等の立場で話ができる人はいるのか?

30数年も付き合い、酸いも甘いも分かっている自分と同じに動けるか。

たぶんそれは無理だろう。それでも、一番の顧客の期待を無視できるか?

わがままを言っているとは思うのだが、判断に迷う日々が続いている。

でも、事務所を引き継いでもらう税理士に、何時までも待たせられない。

最後は強談判になるかもしれないが、自分の考えを理解してもらう。

感謝の気持ちを持ちつつ、理解が得られなくとも、新しい一歩を踏み出す。

そうすることで、引き継ぎ税理士に思いも引き継げるのではないか?

こんな葛藤をされ、今回事業承継契約を終えた先生がおります。

自分の税理士事務所経営の店仕舞い、最後にわがままを主張されました。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.