エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

企業のクラウド会計導入の最大のハードルは何?

投稿日:

ここ数年、会計業界にもPCのクラウドの波が押し寄せています。

税理士のなかでもITに詳しい人は、いち早くクラウド会計を採用。

会計ソフトベンダーも漸く、顧客の囲い込みでクラウド大作戦を展開中。

熱心な税理士の中には゛伝道師゛として、同僚に導入を奨める。

そんな役割をこなしている税理士に、導入実績を訊いてみた。

セミナーなどに積極的に参加する事務所でも、何故か導入に躊躇する。

その理由は、データが事務所に存在しないのが、まず不安。

クラウドでどこかに行ってしまい、無くなってしまうのではないか。

そうなると、顧客の秘密を暴露することにもなり、これは大変。

クラウドでは、持ち運ぶノートパソコンには、実際データは存在しない。

そのデータは登録されたID、パスワードで、クラウドから出し入れする。

もし、ノートパソコンを紛失しても、実はデータは散逸しない。

実際は、クラウド上のデータをパソコンで操作しているだけ。

この辺りで躊躇しているようでは、クラウド会計は利用できない。

しかし、顧問先には、生きた数値で経営を報告・解説する必要がある。

これも臨場しなくても、これらの業務をこなせるのが、クラウドの特徴。

数値は、税理士と顧問先が同時に見れるので、どこからでも説明可能。

これらのメリットがあるが、実際導入の不安を訴えるのは、誰だろう。

顧問先の経理担当者だろうか?

顧客とメールを積極的に利用している職員が、はたして反対するだろうか?

お金の流れもPCで行われるので、帳簿の作成も簡単で、効率的。

だから、企業の立場からすると、クラウド会計は導入しやすいはず。

もちろん、ITに弱い担当者では、導入に躊躇せざるを得ない。

しかし、今やスマホでデータをやり取りできるだけに、抵抗感は少ない。

それでは、導入の壁は何だろう。

さきの゛伝道師゛に聞いてみると、その高い壁は会計事務所が建てていた。

クラウド会計では入力業務などが大幅に省力化され、記帳代行が減少。

そうなると、会計事務所は顧問料を下げるといった事態を招く。

事務所の収入減に繋がるようなことはしたくないのが、本音。

記帳代行以外はすることがない顧客ばかりだと、確かに苦しいだろう。

さらに、ITに腰が引けている事務所では、ハードルは確かに高い。

どうやら、クラウド会計の゛敵゛は、最も身近な所にあった。

そう、会計事務所こそが、導入の壁だと言うわけだ。

早く導入を行わないと、人材不足のこの時代、乗り切っていけませんね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.