エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

入所間もなく所長が死亡、後を継いだ優しい税理士!

投稿日:

所長は70代後半だが、独身を貫いていた。

そのため、親族には後継者候補もいなかった。

職員の中に、税理士試験3科目と4科目合格者がいた。

所長は、彼らの中から後継者を選ぶつもりだった。

しかし、残りの科目をいつ合格できるのか、はっきりしなかった。

そこで、勤務税理士をリクルートし、ひとまず後継者候補を確保。

資格を取得して間もない新人税理士は、法人税に弱いと認識。

所得税に関しては、それまでの経験で十分対応できていた。

そうこうしているうちに、所長が入院。先輩職員の指導を受けることに。

資格はなくとも、長年の経験で法人税を熟知し、資格者よりも練達していた。

素直に指導を受けようという新人に、ベテランは非常に冷たかった。

法人の顧客を担当させようとしなかったのだ。

所長に訴えようともしたが、それもできないうちに所長が死亡。

事務所承継を言われていた無資格職員は、新人税理士を後継に仕立てた。

しかし、自分たちが資格を取ったら、所長になると暗に臭わせる。

それから2年、所長になった新人税理士は、職員との暗闘が続いた。

稼いでいるのは我々で、所長は自分達が喰わせているんだというわけだ。

所長は事務所経営を辞めたいと訴えるが、職員が許さない。

こんな人がいるんですね。

実は、所長が辞めることができたのだ。

それは、意地の悪い先輩職員が、残り一科目をクリアしたのだ。

そう、登録のための判子をついたのも、辞めたがっていた優しい税理士。

自分達の稼ぎは自分達だけで分配できる、優しい所長さん、さようなら。

そうです、こんな事業承継もあるんですね。

もちろん、所長は退職金をもらえませんので、事務所の借金は新所長に。

それだけでも、まあ、いいか。そんな感じの優しい税理士でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.