エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士の平均寿命は、他の業種に従事する人より短い!

投稿日:

昨日、20年来付き合っている税理士の奥さんの訃報が届いた。

享年70歳と女性の平均寿命をはるかに下回る、若い死だった。

御夫婦は、先生が資格を取得するために通っていた学校で出会った。

付き合いが始まり、無事結婚。まもなく、税理士試験に合格。

勤務する税理士事務所を円満に離れ、アパートの一室をからのスタート。

暖簾分けがあった時代なので、ゼロからの出発ではなかった。

とは言うものの、積極的に営業しなければ、満足な飯は食えなかった。

先生は常に営業第一、事務所内の業務は奥さんがバックアップ。

夫唱婦随で事務所経営を続け、お子さんが生まれても奥さんは仕事を継続。

奥さんは子育てために事務所を離れ、家庭に入ってしまうことも多い。

そう、通常言われる専従者として、自宅で事務所の帳簿をつける程度。

しかし、彼女は事務所の総務を引き受け、職員のお目付け役に!

結婚後30数年、子育てと事務所の゛面倒゛を見続け、不治の病に。

夫の税理士とお客さん、事務所職員の間で、ストレスがそうさせたのか。

彼女が感じていたストレスは、税理士一般にも共通するはず。

平均より一回り以上早い死の原因のひとつが、このストレスではないか?

コミュニケーションを上手く取ろうとすることが、一番いけない。

税理士は業種柄、多くの異なる性格の顧問先と日々付き合っている。

そのストレスは、税理士自身が認識している以上にきついものだろう。

税理士の死亡原因に、膵臓ガンが多いという統計もある。

事実、事業承継の仲介後、膵臓ガンでなくなった先生も4例ある。

しかも、50歳に手が届かなかった先生もおり、享年は平均70歳前後。

とにかく一般人より早く、働き盛りの先生がなくなるケースも多い。

そう、税理士事務所の経営は、ストレスが多い業種の代表例でもある。

健康オタクの先生は多く、マラソンやトライアスロンに励む例も多い。

これも無意識の内に寿命の短さを感じ、それに゛抵抗゛しているのかも!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.