エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

マイナンバーの収集・保管・管理は大丈夫ですか?

投稿日:

マイナンバーが必要になるのは、源泉所得税、そして確定申告。

特別収納義務者であれば、源泉税の納税の際にも必要になる。

だから、職員から扶養親族全員のナンバーを確保する。

個人情報を守るためにも、マイナンバーを管理者のみが担当する。

給与計算等を会計事務所の依頼している場合は、事務所に報告。

そんな基本的なことが、会計事務所の新たな業務になっている。

会計事務所の職員として、守秘義務は絶対条件。

さらに、職員のほとんどがノートパソコンで仕事をこなす。

当然、USBなどのデータ保存のできる機材も持っている。

マイナンバーもこれを使って、顧問先から収集、さらに保管。

データをサーバーに保管することなく、個別に保管・管理する。

しかし、担当者がUSBを紛失した場合には、情報はどうなるのか?

ワルにそのUSB情報が使われ、顧問先企業の職員に損害が生じる。

当然、多額の損害賠償が、会計事務所に請求される。

そのための保険もあるようだが、一度失った信用は取り戻せない。

USBを無くした職員には賠償責任はないが、職は失うだろう。

こんな事が起きないように、会計事務所は充分対策を取っている。

「うちはパソコンは持ち出させないから、大丈夫」とは言う。

だが、職員が家で仕事をするために、データを持って帰るかもしれない。

所長はダメだと言っても、゛仕事・命゛の熱心な職員は無視するかも。

とにかく、マイナンバーが本格的に動き出すと、何が起こるか?

会計事務所にはリスクのなかでも、最悪のリスクにもなる。

マイナンバー業務を全うできる事務所だけが、生き残るという。

こんな大袈裟なことを言う、そう生き残りをかけるほどの制度です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.