エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

一昨年10月に承継後、新年早々に亡くなられた先生の思い出!

投稿日:

後継者がいないということで、電話があったのが一昨年の4月。

その電話で、お会いして話を聞くことになり、4月15日に彼の地に。

待ち合わせの場所は、何と事務所近くの税務署のロビー。

事業承継の仲介を始めて、税務署内で先生に会うのは初体験。

事務所の内情を聞き、具体的な対策を提示して、初面談は終了。

4月30日、2回目の面談。職員でもある息子さんも同席。

承継候補として、税理士法人を紹介。パンフレットをご自宅に郵送。

5月13日、3度目の面談。事務所の職員の待遇等について、質問に答える。

6月5日、4度目の面談。税理士法人の支店化を説明。

6月14日、5度目の面談。具体的な契約についてのやり取り。

6月17日、契約書案をご自宅に郵送。

6月24日、6度目の面談。息子さんんも同席し、契約書内容を検討。

6月30日、職員も含め、契約内容を了解されたとの連絡あり。

7月9日、7度目の面談。税理士法人の社員税理士就任を了承。

7月24日、承継候補の税理士法人を訪問。代表者と初面談。

8月25日、税理士法人の本部にて、契約完了。

9月26日、税理士法人の代表者が、彼の地の事務所を訪問。

10月1日、先生を社員税理士とする税理士法人支店開設。

実に10度の面談のほとんどを、先生の事務所の地で行ったことになる。

この間、亡くなる原因となった病気には一切口にされなかった。

しかし、彼の地を訪れる際には、一度お会いする約束をは果たせなかった。

承継後1年を経過した昨年10月に無事1年過ごせた旨の電話あった。

その時に、病気のことも話されるはずだったに違いないと思う。

それから2ヶ月、彼の地の支店を承継した法人の代表が訪問。

先生はガン治療を続けていたが、年内は持たないとの連絡が入る。

お見舞いに行こうとしたのだが、すでに意識がないという。

そうこうしている内に、新年を迎え、そして訃報が届いた。

都内以外で、これほど多くの回数面談した例は数少ない。

慎重な先生というより、几帳面に事務所の行く末をチェックされていた。

ご自分の死期を知り、職員たちの生活も考え、承継を決められた。

実に細かい内容までチェックされたこと、今は納得だ。

支店の繁栄と先生のご冥福を祈る。合掌。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.