エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

地方都市ほど生き残りが大変。しかし、人口10万人以下の都市では?!

投稿日:

県庁所在地の都市には、各官庁所轄の士族が集中しているのが普通。

税理士も当然、企業が集まる県庁所在地に事務所を置くことになる。

その結果、競争が厳しくなり、顧問料も価格競争に巻き込まれる。

東京、大阪、名古屋そして福岡などでは、まだ成長の余地はある。

しかし、それ以外では、現状を維持するのがやっとで四苦八苦。

職員の給与をここ数年上げることができないという事務所も多い。

中には、顧客減で、事務所を縮小しなければならない事態に。

しかも、平均寿命が伸びるなかで、事務所の゛寿命゛も伸びる。

こうなると、若手の税理士が開業できる余地は、ますます狭まる。

ところが数万人規模の都市では、思わぬ生き残り策がある。

高齢の税理士が死亡すると、お客さんの受け皿が必要になる。

地方都市ほど税理士の高齢化が進んでいる。

そこに若い税理士が開業すると、事業承継の゛期待の星゛となる。

3万人やっとの都市で、5年間頑張った税理士が、今は左団扇。

先生いわく、営業しなくても、承継とお客からの紹介で伸びた。

伸びる素地はなかったのではと、疑問に思うのだが、それがあった。

高齢化していく税理士に見切りをつけて、お客が来るというのだ。

小さな都市でお客が移るのは難しそうだが、必ずしもそうではない。

お客さんの先生にもしものことがあったらという心配が、一番。

そう、生きの良い先生に頼んでおけば、先行き不安もない。

同業者からの情報を耳にした顧客が、自然とやって来るという。

正にじっと生き残っていれば、事務所も自然と大きくする。

そんな状況の都市には、競争相手はやってこない。

これから開業する税理士には、若手がいない所を探す。

そして数年間はじっと我慢し、税理士会にはせっせと通う。

そうすることで、高齢の先生の信用と信頼を勝ち取る。

これができたら、事務所の将来は必ずや成長する方向に行く。

最も数十年後の高齢化した自信の姿を見ることになるのだが。

思わぬところに、開業の余地ありではないだろうか。

最も誰もが出来ることではないのも、事実のようだ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.