エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

後継者のいない先生の下に、優秀な税理士は行けるか。

投稿日:

創業以来30数年、職員の中から税理士試験の合格者は、数人。

全員が試験合格後数年で独立し、後継者にはなっていない。

税理士になるとし、給与が高くなるので、独立を勧める所長も多い。

単純に給与の問題ではなく、資格者は一人で充分との考えが根底に。

もちろん、資格を取ったら独立する、それが税理士の宿命。

景気が良かったときは、それが当たり前だった。

監査法人系列の事務所を除き、独立しない人の方が少なかった。

しかし、税理士法人制度が誕生し、勤務税理士からパートナーの道もできた。

このため、幅広い業務展開ができ、税務判断も集団で解決できる。

自分一人で判断するしかない個人事務所とは、大違い。

これに慣れた税理士は独立して、苦労するなど考えもしない。

今や若手税理士は、税理士法人でのパートナーの道を歩んで行く。

親や親戚の個人事務所を引き継ぐことはあっても、他人の事務所にはそっぽ。

まして強烈な個性の持ち主である所長は、とかく噂にもなる。

ネットなどで大量の情報をチェックし、悪い噂も手に入れることができる。

こうなると、一人税理士の事務所に後継者として入るのを躊躇。

おお先生の゛指導゛に、果たしてじっと我慢し、数年間を過ごせるか?

事務所を渡そうとする先生も、オーケーサインをすぐに出せるのか?

引退する時期を明確にした上で、後継者候補に対応できるのか?

この30数年間で後継者を育成しなかった先生が、他人にわたせるか?

それも未熟と判断されるだろう候補者に、ゴーサインは難しい。

そう、自分が良しと判断できる候補者は、本当に見つかるのか?

優秀な人材は、とっくに独立するか、税理士法人の社員税理士に。

それだけに、元気な先生には、なかなか難しい状況が今後も続く。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.