エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

やっぱり辞めたくない、長期化する交渉も結局その理由は?

投稿日:

税理士は死ぬまで税理士として、社会的な評価がある。

ちなみに、事業経営者など法人、個人の税務申告をする人だけが知っている。

一般のサラリーマンは、医療費控除の申告を自分で やるのが普通。

税理士のサポートを必要としない人も、最近は増えている。

クラウドで無料の経理を使っている人もいる。

個人事業では、その資料をもって税務署で申告書作成なんかもある。

高齢の税理士さんが、確定申告の助っ人に行くことはない。

だから、最近の税務署での申告風景などは、ほとんどチラリと見るだけ。

電子申告が普及するにつれ、先生が実務を行うことはめっきり減った。

確定申告でも、全ての申告書をチェックし、署名押印する作業があった。

ところが、この作業も電子申告で、先生の手を離れている。

業務上、先生が電子申告用のIDを打ち込むのが、義務付けられている。

実際には、入力から申告書の送付までの一連の作業は、職員がこなす。

もちろん、先生の監督・指導の下に行なわれているはずだ。

そんな業務から解放されたいと、弊社に事業承継したいと相談される。

そろそろいいんじゃないかと、家族も納得。

そこで実際に交渉に入るのだが、なかなか話が進まない。

自分がいなくなると、お客さんは離れてしまうじゃないか?

お客さんとの絆も、ほかの先生とは替われないほど深い。

職員も自分が所長をやってるから、勤め続けてくれた。

実は、本当に解決可能な言い訳をされる先生も実に多い。

本当は辞めたくないのではありませんか?

なんて、そんな失礼な言葉を、当方からは言えません。

でも、腹が決まっていないと思う先生いるのも事実。

当方は、先生のお気持ちが決まるのを待つのみ。

実際に初めての相談から6年後の今年、話が纏まった例もあります。

信長、秀吉そして家康の気持ちが、それぞれ対応するのですね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.