エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

番外ですが、強行採決に対する次の一手は?

投稿日:

今回の支離滅裂な法案に対する安部首相らの答弁に、あきれるばかり。

法律を審議する国会議員として、はたして的確な能力を持っているのか?

決めるべき時の決めるのが、民主主義だと首相は言う。

果たしてそうだろうか、民の声を聞き、それを活かすのが民主主義。

数を頼りに、決める時の決めるというのは、単なる多衆主義。

今回の民を馬鹿にした首相の態度にも、若者は反発をした。

国会で法案が通れば、デモも収まるだろうと考える権力者だが。

今回は、そんなに簡単ではないだろう。

自分の意見を言えない国会議員たちには、だれも期待しない。

「君、死にたもうことなかれ」と詠んだ作家の声が思い出される。

そんな将来が見えてくる。

我が孫がそうなることをもちろん考えない。

なぜ、このような節穴だらけに法案を通そうとしたのか。

認めない、これからデモも含め、続くでしょう。

憲法を勝手に解釈した政府の横暴に、海外からも批判が出ている。

国民は今回初めて目覚めたのではないだろうか?

衆愚の国会議員にはもう期待しないだろう。

そんな人物に、もう投票はしないだろうし、必死に選ぶだろう。

賛成議員を次は落とそう!👆は合言葉になるだろう。

今回は番外ですが、法律を守るべき業界にいきるものとしての一言です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.