エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

意外と多いのが、地方に帰りたがらない税理士後継者!?

投稿日:

よく聞く話です。後継者を探しているというので話を聞くと、息子さんは会計人。

首都圏の監査法人でパートナーになっているという。

親の仕事と同じ会計を飯にしているのだが、税務ではなく、財務が主力。

しかも、公認会計士として、上場企業の監査を見ているので、お客のサイズが違う。

もちろん、税務を担当していないので、即後継者になることはできない。

親にもしものことがあった場合、税理士事務所はどうなるのだろう。

親子の会話では、息子さんは今の仕事を辞めることは考えていない。

しかも、嫁さんは同じ監査法人に勤めていたOLで、こちらも地方出身者。

家も首都圏に建ててしまい、子供の教育を考えると、親の事務所を継ぐことは不可能。

こうなると、ほとんど税理士事務所を息子に譲ろうという親の思いは、通じない。

先生も仕方なく、地元で後継者を探そうとするのだが、未練は残る。

ひょっとしたら、息子さんが帰って来て、事務所を継いでくれるのではないかと。

そんな思いを吹っ切るように、当支援室に相談が寄せられる。

先生自身もまだ元気なので、すぐに後継者を決めることはないと考えておられる。

しかし、職員も息子さんが帰ってこないことを知り、口には出さないが、不安が募っている。

当然職員の生活などを考えれば、後継者を決めて、次のステップに進む必要がある。

せっかく親の背中を見て、同じ会計人になったのに、後を継がない子弟がここにきて増えている。

将来的にも地方経済が縮小する一方であることを考えれば、仕方のないことか。

先生の葛藤はまだまだ続く。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.