エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

何度も書きますが、なぜ税理士事務所の承継対価が雑所得なのか?

投稿日:

税理士が仕事を他の税理士に譲るときに生ずる対価は、何所得か?

この質問が広島国税局から国税庁に上げられて、その回答があって、今年で48年。

当時の税理士事務所を閉鎖する時には、確かにお客をただ紹介しただけでしょう。

事務所も、そして職員も引き継ぐことはほとんどなかったはず。

今では、税理士法人ができた13年。個人事務所も法人の支店として経営統合される時代。

しかも、個人経営から法人経営に衣替えし、支店の社員税理士に立場も変わる。

個人事務所は閉鎖し、法人に参加する時に、お客を評価し、法人からその対価を得る。

しかも、個人事務所の時の職員もほとんどそのまま雇用する。

まるで、お客を紹介するだけというより、事業体をそのまますべて譲る形である。

それでも、税理士には営業権はないので、その対価は雑所得とするのは、果たしていいのだろうか。

明らかに税理士事務所の事業をそのまま移行するわけだから、事業を譲渡するのと変わりがない。

そろそろ、当局の判断を変えるべき時にきているのではないだろうか。

一切の税理士業務から撤退し、お客を承継者に渡すという形が崩れている今。

時代に即した判断が待ち望まれる。

事業承継支援室長
大滝二三男

会計事務所の事業承継は「エヌピー通信社 事業承継支援室」へ

TOP PAGE


フリーダイヤル:0120-800-058

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.