エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士試験の結果が発表になって、事務所の方向が決まった?

投稿日:

後継者対策に悩む税理士がいかに多いか、この仕事をしているとしみじみと分かる。

先生とゴルフをしているときに、携帯電話が鳴り、合格の通知。

それからの先生のプレーは、まあ、心ここに非ず。そんな場面と遭遇したこともあった。

この週末にも、休みにもかかわらず、「合格者に息子の名前がなかった」と落胆の電話も。

「もう、あきらめて事業承継をおねがします」。やはり元気がない。それも当然か。

息子さんに継いでもらいたいというのは、どこの親でも同じだろう。

しかし、税理士事務所が資格ビジネスだけに、経営者としても道を息子さんは歩けない。

苦労して気づいてきた、信頼と信用のビジネスを赤の他人に任せねばならない。

何とも厳しい現実が待っているわけだ。

それでも、来年の四月からは税理士法が変わり、勤務税理士としてお客さんを持てることに。

所長としての仕事は他人に任せ、同じ事務所で自分ためだけに税理士業務ができる。

こうなると、経営者を卒業しても、税理士として仕事を辞めなくてもいいことに。

もちろん、この改正は勤務税理士が、補助税理士として客を持てない現状を変えるもの。

若い勤務税理士のための改正とも考えられるが、高齢の先生にも福音ともなる。

所属税理士と名前は変わるが、自分でサインをすることができるので、従来通りの対応が可能に。

従来型の事務所であれば、○○税理士事務所内といった形で、個人事務所を立ち上げる。

呼応することで、自らがサインできたのだが、今回の改正で来年からはその必要がなくなった。

今後、後継者がいなくとも、自らの事務所を他人に預けながらも、自分の仕事ができる。

さて結果発表が、皆さんお事務所にどのような変化が起こるのでしょう?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.