エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

会計法人は、税理士が引退しても存在できるのか?

投稿日:

昨日、東京で事業承継セミナーを行いました。

受講された先生から、自分が辞めても会計法人は継続可能かとの質問。

先生の意図は、家族が経営する会計法人を存続させ、自分は引退する。

その際に税理士に、税務申告などの業務を委託することができるのかという質問。

その思いは、家族経営の会計法人の収益は確保し、税務は税理士に依頼するというもの。

言っていることはなるほどと思うのですが、会計法人の実態は、税金の申告書まで作成。

先生が会計法人の代表者として、一連の業務を指導・監督していれば、まあ問題??。

ところが、先生は会計法人の役員で、その代表者が先生の親族の場合、問題があります。

つまり、会計法人が税理士である先生の指導下にないにもかかわらず、税務を扱うこと。

会計法人が税理士業務を行うことが、税理士法を犯しているいうこと。

税務当局も、税理士の管理下にあった会計法人だから、税務を扱っても目をつぶっていたのかも。

そんなことはお構いなしで、先生にしてみれば、自分の家族の生活を守るための会計法人を続けたい。

家族も先生が引退しても、会計法人があれば、生活は守れると考える。

どうでしょう。限りなくグレーな行動になりますよね。

会計・記帳代行は、資格なしで、だれでも行うことができる業務。税務当局も口出しできません。

でも、税理士が設立する会計法人は、家族を役員とする単純に節税を目的とした”家業”の延長。

税理士を辞めようとする先生の場合、家族経営の会計法人は当局のの監視対象になるでしょうね。

国税当局の税理士に対する監視の目は、ここ数年先生方が考える以上に厳しくなっているようです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.