エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

記帳代行だけで税理士事務所が経営できた時代は??

投稿日:

そうなんですね、記帳代行だけが仕事で、税務関係の相談などはない事務所も??

零細企業にとって、税務処理に関する問題はほとんどありません。

そうなると、税理士事務所は顧問先からくる領収書などを処理するだけで十分。

もちろん、顧問先が仕訳などができるはずもなく、先生はお願いされたことをするだけ。

従業員が簿記の二級を持っていれば、間違いなく、お客さんの経理を処理できる。

それを税務申告に結び付ければいいのだから、それも会計ソフトがやってくれる。

何も税理士資格がなくても、十分お客さんの要求には応えることができる。

お客さんが税理士事務所に求めることは、税務署の調査がなければそれで良いというもの。

お客さんの経営が少しでも上昇するように、経営に関するアドバイスをすることもない。

それは、お客さんが要望しないからといった、非常に消極的な経営姿勢から出ているもの。

なぜ、税務などの問題が起きないかといえば、先生自体が税務に精通していないからだという。

40年も記帳代行だけを行っている税理士事務所では、経営のアドバイスなどできない。

それも地方都市において、零細企業だけを相手にしていれば、難しい税務など起こりようもない。

税理士事務所の経営をそんな形で続けてきた結果、後継者に残された顧問先は将来もないものばかり。

こんな事務所の事業承継は、実に将来性のない、”敗戦処理的な”夢のないもの。

それでも、当支援室では、お相手を探し、承継を実現することに全力を投入します。

企業が成長する段階で、経営に関するアドバイスを積極的にできてこその、税理士のはず。

でも、今年の事例を分析する限り、そんな税理士事務所は皆無です。

だから、事業承継をすることになったのでしょう。

税理士事務所の過去の数字を追いかけているだけでは、生き残れるかどうか、多いに疑問です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.