エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継は一生に一度、やはり不安ですよね!!

投稿日:

税理士事務所を開業して、数十年。お客には十分サービスをしてきたと、先生は考えています。

それだけに、自分が事務所を赤の他人に任せることには、かなりの抵抗があります。

自分はお客さん第一に業務を行ってきたが、果たして引き継いだ先生が同じように動いてくれるだろうか?

自分が勝手に事務所を閉鎖すれば、お客さんに新たな先生を探す苦労を強いるのではないか?

税理士の誰もが普通に考えることですが、死ぬまで税理士稼業を続けていたいと。

確かに定年のない税理士稼業は、頭がしっかりしていればいつまでも続けられます。

多くの顧問先の経営者は、高齢の先生に、いつまでも相談相手としてお願いします、という。

でも、本当のところはどうなのだろうか?

「先生は歳を取ったけれど、先生から辞めるという話がなければ、税理士を代えようとは思いません」

良く聞かれる言葉だが、本当にそうなのだろうか?

実はあまり経営などの顧問としては、重要視していないような気もする。

というのも、「自分が辞めたら、顧問先の半分は辞めますよ」という。高齢の先生の言葉を意味にします。

しかし、現実には、ほとんどの顧問先が新たな承継先の先生の下で、サービスの提供を受けます。

実のところ、一般の中小零細法人の経営者は、税理士に期待しているのは、税務申告のみ。

この税務申告は一年の決算が分かれば、簡単に作成することは可能。

その事実を知っている経営者は、顧問先の先生が辞めて、新しい先生を紹介してくれれば、それで満足。

難しい経営方針・経営計画の策定などを期待している経営者は、皆無に等しい。

普通の顧問先は、税理士が作成するような、小難しい経営計画などには見向きもしない。

「先生には、毎月のお金の流れをチェックしてもらい、納税の際に苦労しなければそれで満足だ。」

顧問先の要求に応えられるのであれば、実はどこの先生でもいいのです。

ですから、承継先の事務所がしっかりしていれば、客さんもそのまま契約を継続します。

自分が辞めたら、お客さんはどこかに行ってしまう、なんて考えないでください。

先生が選んだ後継者であれば、顧問先の経営者は、ほとんど無条件で受け入れます。

どうでしょう。不安があるのは、当たり前ですか、杞憂の終わることの方が多いのも、また事実です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.