エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

早くも確定申告終了の税理士さん、還付を期待?!!

投稿日:

ここ数年、電子申告が普及し、医療費控除などで還付請求するサラリーマンが増加!

ほとんどの還付申告は、2月中早目に申告する例が多い。

これは、早く申告すれば、還付も早くなるということが一般に知られるようになったからだ。

先日お会いした税理士さんは、確定申告の始まる前に申告を済ましているという。

もちろん、顧問先の申告ではなくて、ご自身の申告。

個人事務所の場合、顧問先の事業所などは税理士報酬から10%源泉徴収する義務がある。

当然、先生方はこれを指導しているわけで、自分の顧問料収入の10%が引かれた顧問料を徴収。

年間の事務所経費を引くと、過剰に源泉徴収された税金が先生の手元に還ってくる。

これが毎年楽しみというその税理士さんだが、すべてが自分のものになるかと言えばそうではない。

結局、翌年の予定納税などで、これらの税金は国庫にまた戻って行く。

ほんの束の間の戻り税。それでも、この還付金を確定申告後の決算賞与に充てるという先生も多い。

昨年の経営状況からすると、税理士事務所の成長率はほぼマイナス成長。

したがって、源泉徴収された税金も一昨年に比べて少ないところで、還付金も減少気味。

こうなると、決算賞与の金額も昨年を下回るのが確実とか。

いずれにしても、業界は厳しい状況に追い込まれているようだ。

サービスを提供する顧客の経営状況を考えると、これは当然の事。

アベノミクスで、経済が上向きになるのかならないのか、相続税の増税だけが頼りの事務所も??

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.