エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

借金で首が回らない税理士事務所長差のケースも!?

投稿日:

税理士事務所を売ってお金にする、これも事業承継の一つの理由。

なぜ、事務所を売却しなければならないのか、それなりの理由があるのは、当然の事。

税理士として長年苦労をしたが、そろそろ事務所経営を辞めたい、その一つの手段としての事業承継。

これが一番多いケースだが、それ以外にも、さまざまな要因があります。

当支援室を訪れる方で、悩ましいのが、はっきりとした理由が分からない先生。

税理士を廃業したくはないが、それでも事務所は譲り渡したいと言います。

結局、詰まる所は、まとまったお金が必要であるということのようです。

「なぜ、事務所を辞めるんですか?」とお聞きすると、たいてい、もう事務所経営には疲れました、と答えます。

それでは、事務所を承継後も、顧問先が離れないように、「顧問」として残っていただけますか?

「顧問としての給与は当然お支払いします」、というと、「そうだね。私がいなくなればお客さんも離れるから」

こんな会話で、譲り渡す先生も、当面は引き継がれる事務所に、顧問として残ります。

お金が理由の先生は、実を言えば、引継ぎなどには、力を入れません。

承継事務所から支払われるお金だけが必要ですから、お金が入れば、次の金策に走ります。

こんなケースでは、もちろん、会計事務所の経営でお金に詰まっているケースはほとんどありません。

副業で行き詰っているケースがほとんどですので、事業承継にはほとんど影響ありません。

譲り受ける側では、問題はありません。

当支援室では、税理士事務所の本体の事業承継しか扱いません。

借金に困って、事務所を売却するといったケースでも、受ける方には災いが生じるような不手際はやりません。

当然と言えば当然ですが、これまでにも、借金で首が回らないと言って先生方にも、助け舟は出しています。

単純な事業承継、それこそ大歓迎ですが、どうか早目にご相談ください。とにかく時間が勝負です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.